*

【必見!】2020年東京オリンピックチケット入手方法

2020年に東京オリンピックが開催されますが、2020年東京オリンピックってどうすれば観戦できるの?2020年東京オリンピックって倍率が高くてとても観戦できないんじゃないの等いろいろな疑問があるかもしれないので今回調べてまとめてみました。
チケット販売なんてまだ先だからまだ早い!と思われる方が多いですが、イベント系のチケットはすぐに売り切れてしまったりするのが当たり前なので早めの行動と予習とそれと幅広い情報収集がとても重要です。

2020年東京オリンピック開催日程

2020年東京オリンピック :2020年7月24日(金)~8月9日(日)
2020年東京パラリンピック:2020年8月25日(火)~9月6日(日)
2020年東京オリンピック開会式: 2020年7月24日(金) 20時~

2020年東京オリンピックのチケットの販売開始時期

チケットの販売開始時期に関しては、過去のオリンピックの場合は、開催の18ヶ月前くらいから販売をしているので
2020年東京オリンピック の場合「2019年秋くらい」が目安ではないでしょうか。
販売開始の告知は各メディアを通じて行われるはずなので、タイミングを逃す可能性は少ないのではと思います。

チケット入手方法・購入方法に関しては大会組織委員会の目標としては
・インターネットと全国4万店以上のコンビニエンスストアを活用した 販売を行い多様な層の集客を目指す。
・販売の初期段階では公平性 を確保するためにWEBサイトから申し込みを受け付ける。

ということなので、コンビニの端末またはWEBサイトからの申込みがメインになると思います。
1998年の長野オリンピックの場合は日本でオリンピックチケットを単体で購入できるのは「チケットぴあ」でしたが、
今回はチケット販売業者が複数のところから購入可能ではないでしょうか。
東京圏に33競技場、入場券平均7700円 20年東京五輪(日経新聞)

2020年東京オリンピックのチケットの価格

大会組織委員会のコンセプトは「未来を担う若者達がオリンピック・パラ リンピック競技大会という祭典に参加することを促し、オリンピック及びパラリンピック精神の素晴らしさを伝えることを目的に掲げ、ロンド
ン大会で成功した低価格の子供料金を引き続き設定」ということなのでオリンピックのチケットの販売価格は、誰もが見ることのできる手頃な価格に設定されると想定されます。

現状ではチケットの平均価格は7,700円、開会式は25,000~150,000円・チケットの6割は4400円以下と発表されています。
東京圏に33競技場、入場券平均7700円 20年東京五輪(日経新聞)

(2018年5月更新) 東京五輪チケット価格 開会式は最高28万8,000円で調整 テレビ東京ニュース
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/mplus/news/post_155225

2020年東京オリンピック開会式の一般向けチケットの販売価格が最高28万8,000円で検討されていることがわかりました。大会組織委員会は、現在チケットの販売価格を検討していて最高価格は、開会式の28万8,000円で、競技では陸上の10万8,000円とする方向で調整しています。パラリンピックは開会式が14万4,100円で、競技は陸上や水泳の6,500円を最高額としています。通常のチケットは、オリンピックで2,000円台、パラリンピックで1,000円から販売する見通しです。きょう開かれる有識者会議で協議し、7月のIOCの承認を目指します。来年夏ごろから一般販売を始めたい考えです。

2020年東京オリンピックのチケットの入手方法・購入方法

運悪く正規のチケットが購入できなかった場合、その他にどのような入手方法があるのか想定をしてみました。

東京オリンピックツアーにて観戦

各旅行業者や鉄道会社等ツアー旅行が企画されると思いますので、それに参加して観戦する方法があるかと思います。特にオリンピック期間中は東京の宿泊施設がなかなか取りづらい可能性があるのでツアー旅行だとその点も安心だと思います。ただ人気のツアーはやはりすぐに締め切りになってしまう可能性が高いです。また怪しいツアーだと観戦できなかった!という可能性もあるので注意が必要です。JTB・KNT・東武トップ等、東京五輪の公式パートナーを締結している会社が無難だと思います。

JTB・KNT・東武トップ、東京五輪の公式パートナーに決定

東京オリンピックツアーにてスポンサー経由からチケット入手

通常どのようなイベントでもスポンサー企業に対して優先的にチケットが配布されているパターンが多いです。スポンサー企業に知人がいる方は聞いてみるのも方法の一つかと思います。またそんな知人がいないという方は東京オリンピックのオフィシャルスポンサーのキャンペーンに応募するのも方法の一つです。今後様々なオフィシャルスポンサーがチケットプレゼントキャンペーンをする可能性があるのでマメにチェックすることをおすすめします。

「東京2020オフィシャルビール アサヒスーパードライ 東京2020オリンピック開会式・閉会式ご招待!」キャンペーン(既に終了)

チケット売買サイトにてチケット入手

チケット売買サイトこの方法が一番ハードルが低いのとチケットを入手できる可能性が高いのではないかと思います。
ただ一方で現在チケット売買サイトでの組織的転売行為が社会問題化されているので何かしらの規制があるかもしれません。
チケット売買サイトと言っても、複数のサービスがあり、日本では「チケットキャンプ」が大手で有名です。

おすすめはグローバルで展開しているチケット売買サイト「viagogo」「stubhub」

おすすめはグローバルで展開しているチケット売買サイト「viagogo」「stubhub」の利用です。東京オリンピックは780万枚のチケットが出回るとの発表ですが、

東京五輪チケット、販売枚数は五輪約780万枚、パラリンピックで約230万枚(日経新聞)

リオデジャネイロ五輪の時のチケット販売総数は750万枚でそのうちの450万枚が開催国に割り当てられました。日本でも同様に開催国に多く割り当てられますが
、海外向けにももちろん販売されます。海外からインバウンド訪問者の場合、キャンセルされる可能性が高いので、その場合チケット売買サイトにてチケットが販売される可能性が高いの
ではないかと思います。そうした場合、外国人が国内のチケット売買サイト「チケットキャンプ」で販売する可能性は低いと思います。
グローバルで展開しているチケット売買サイト「viagogo」「stubhub」で販売することになると思います。また国内のチケット売買サイト「チケットキャンプ」の知名度が高いのでそれだけチケットの入手の倍率が高くなると思います。逆に「viagogo」「stubhub」は知名度は低いのでそれほど競争相手も多くなく、入手が容易ではないかと思います。「viagogo」「stubhub」ともに保証サービスがあります。

「viagogo」の詳細はこちら>>
「StubHub」の詳細はこちら>>

チケット売買サイトを利用する上で注意する点

チケット売買サイトを利用する上で注意する点は、やはりあまりに市場価格から離れた高額チケットは辞めておいたほうがいいでしょう。チケット売買サイトでは何かの都合でいけなくなって出品しているチケット以外に、転売目的で販売しているチケットも多数存在します。
そうした転売目的でチケットを買い占めて高額で転売することが現在社会問題なっていますので注意が必要です。

チケット売買サイトする時はいきなり購入するのではなく、つねにチケットの相場価格を把握して、自分の相場観を鍛えることも大切です。どうしても行きたいコンサート・ライブ・スポーツイベント等ついつい熱くなり、高値で購入してしまうこともあるので注意が必要です。
チケット購入に熱くならず、観戦する時に熱くなりましょう。

また少なからずチケット代金を振り込んだけど送ってこない等、詐欺もあります。チケット売買サイトでは保証サービスもありますがネットオークション等の場合、そうした保証サービスがないところもあるので注意が必要です。

どうしても開会式や人気の競技やみたい競技のチケットが入手できなくても大型スクリーンでのライブビューイング・パブリックビューイングやボランティアとして参加してオリンピックを楽しむこともあります。またこれを機会にマイナーな競技を応援するのもありだと思います。今まで知らなかった競技が観戦することにより面白さを知ることはよくあることです。

 - すべての記事一覧, 海外イベントチケット入手方法