*

【必見!】大相撲でいい席を取る裏技的な方法

大相撲をテレビで見たことある人はほとんどだと思いますが、実際観戦した人はかなり少ないはずだと思います。大相撲のチケットを取る(特にいい席で見るとなると)かなり困難です。今回は大相撲でいい席を取る方法をまとめてみました。

大相撲の「枡席・椅子席・溜席」の違い

タマリ席(溜席・砂かぶり席)14800円

大相撲の溜席とは、審判員のすぐ後ろなどで観戦する座布団席のことで、他の2つの席に比べ料金が最も高いことで知られています。通常東西南北で約500人分程度が用意されています。このうち、土俵に近い300席
は「維持員席」と言い、後援団体や130万円(東京地区の場合は390万円)以上の寄付をした個人や法人である維持員の席として、割り当てられています。また、溜席では、飲食物・危険物の持込やカメラ・携帯電話の使用は禁止されています。なお、溜席には取組中に力士の動きによって、砂をかぶる可能性のあるような席という意味で、別名・砂かむり席・砂かぶり席と呼ばれています。

※実際には溜席の特等席のほとんどは維持員かお茶屋さんになっており、一般販売はほとんどありません。

マス席(枡席) 1人9500円~12000円

大相撲の枡席は溜席の後ろから続く1階の座布団席で、この3つの中でも比較的人気の高い席です。一般的なのは、4人分の座布団が敷かれた正方形のスペースを1マスとして仕切られた形の席です。このマス席は飲食自由で、お弁当や焼き鳥を食べたり、お酒を飲みながら、相撲を思う存分観戦することが出来ます。

イス席(椅子席)1人3800円~8500円

大相撲の椅子席は、2階にある1~13列目までの席を指します。土俵を上から覗くような形になり土俵からは離れていますが、独特の開放感がありお得な料金で場所の雰囲気を味わいながら相撲観戦することができます。

公式サイト「チケット大相撲」での購入のメリット

「チケット大相撲」での購入のメリットとしては下記があげられます。ただし公式サイトではいい席の入手は困難を極めると思います。
・取扱い席の種類や販売枚数が多い
・最速先行予約があり
・本場所以外の引退相撲や巡業なども購入可能

大相撲のチケット購入の裏技

公式サイトで席を入手できない場合、インターネットのチケットマーケットプレイスサイト(チケット売買サイト)を利用するといいでしょう。直訳するとチケットの仲介屋さんです。
最近ではインターネット上でチケットマーケットプレイスサービス多数展開しており、以前に比べて寒空の下並んだりせず、オークションで騙されたりするリスクも減り気軽に購入できます。
以前はメジャーなイベントのみでしたが最近では小さいイベントのチケットも取り扱いをしています。

チケットマーケットプレイスサイト(チケット売買サイト)では、チケットの価格は時価なので、その時に応じて値段が異なります。
需要と供給のバランスにより通常チケット販売価格より安いこともありますし、通常チケット販売価格より高い場合も場合もあります。
また公式サイトですでに完売のチケットや入手困難な席も突然売りだされたりすることもあるのでマメにチェックすることをおすすめします。

チケットマーケットプレイスサイト(チケット売買サイト)でメジャーなサイトとしては国内に強い「チケットキャンプ」・国内・海外ともに強い「Viagogo」「Ticketbiz」がおすすめです。
※実際の購入の詳細はこちらの【必読】 viagogo(ビアゴーゴー)の評判と120%賢く使う方法 」の記事を参照してください。

チケット入手方法 チケット入手難易度 チケットの詳細
公式サイト ☆難 チケット詳細・購入>>
logo_viagogo ☆☆☆☆楽・穴場度 チケット詳細・購入>>
logo_ticketbis ☆☆☆楽・穴場度 チケット詳細・購入>>
logo_ticketcamp ☆☆☆☆楽・穴場度 チケット詳細・購入>>

※チケット価格は公式サイト以外は相場に応じて変動しますのでサイト先で確認をお願いします。

 - すべての投稿一覧, ジャンル別, スポーツ