【詳説】ライブチケットの効率のいい買い方・取り方の方法

【詳説】ライブチケットの効率のいい買い方・取り方の方法

ライブ初心者の方やライブ初めての人はどこでライブチケットを購入すればいいのか、またどのようにすれば良席のチケットを入手できるかで悩むと思います。
公式サイトでのチケット販売・購入が一般的ですが、現実には競争率が高く即座に売り切れてしまい、入手困難なパターンがほとんどだと思います。

現在はチケット販売・入手方法も以前に比べてシンプルではなく、玉石混交で様々な入手方法が存在します。その理由としては従来の1次流通(公式・プレイガイド(チケット販売会社))だけなく、2次流通(チケット仲介サイト)が最近では利用している人が増えています。

人気アーティストのライブの場合、一部業者の転売目的・営利目的での購入が入手困難に拍車をかけているのも原因の一つのようです。今回、ライブのチケットの入手方法にまとめてみました。

一般的なライブチケットの入手方法

一般的なライブチケットの入手方法「一般発売」「先行予約販売(抽選・先着順)」の2つの方法でチケットを取ることができます。

一般的なライブチケットの入手方法「一般発売」

チケットを普通に売り出されて購入できるのが、一般発売です。しかし人気ライブコンサートの場合は現実には一般販売で入手できる可能性は低いです。人気のライブコンサートだと一般発売後数秒~数分で売り切れてしまうからです。

また一般発売日にチケットが完売している場合、一般発売自体が行われないこともまれにあります。人気のライブだと一般発売後数秒~数分で売り切れることもあり、なかなか手に入れることができません。

実際には一般発売より前の「先行販売(抽選・予約・先着順)」がメインになっています。逆に「先行販売(抽選・予約・先着順)」でチケットを入手できなかった人が、「一般販売」に望みをかける!というパターンが多いかもしれません。
ライブチケットの一般発売の購入方法は大きく分けて下記に分けれれると思います。

・チケット販売サイト(チケットぴあ等)で購入
・店頭販売(チケットぴあ等)で購入
・コンビニのオンライン端末で購入
・電話申し込みで購入

いずれの購入方法も行列やアクセス増による接続困難・回線が繋がりにくい等、かなりハードルが高いです。基本的には先着順(早いもの勝ち)なので、いかに効率よくチケットを入手できるか(徹夜で行列に並ぶや・運良く回線がつながるか等)気力・体力・時の運が要求されます。

一般的なライブチケットの入手方法「先行予約販売(抽選・先着順)」

ほとんどのライブでは「先行予約販売(抽選・先着順)」にて販売されることが多いです。チケット先行予約は一般販売の前にチケット購入(抽選・先着順)の機会を提供している受付方法になります。

ライブチケット先着順販売

チケット先着順販売はその名の通りチケット予約が成立した順番に販売する方法になります。

ライブチケット抽選販売

チケット抽選販売は応募期間中に申し込みをすると、抽選でチケットの選考が行われます。抽選販売にもいろいろな種類があり、「ファンクラブ先行予約抽選」「各種プレイガイドの先行予約抽選」等があります。抽選販売も一度だけなく、2次抽選・3次抽選もあるので一度チケット抽選に落選したからといって諦めてはいけません。

「先行予約販売(抽選・先着順)」のチケット購入確率を上げる方法

先行予約販売(抽選・先着順)」のチケット購入確率を上げる方法としてはいくつか方法があります。

ファンクラブに入会

一番先行予約販売の入手確率の高さでいうとファンクラブに入会がおすすめです。ファンクラブ向けの先行予約販売はよく行われており、ファンクラブ向け優先予約・先行予約が多く、さらに座席の割り当てもファンクラブ向けに優先している場合もあるので良席に当たる可能性が高いです。自分のお気に入りのアーティストのファンクラブがあれば、まずは入会することをおすすめします。

CD購入者特典選考

ライブコンサートのよくあるパターンとしてアーティストはツアーに先駆けて新曲やCDアルバム等を販売することが多いです。そのCDを購入した人に対してCDの購入者特典で、チケットの抽選の応募券がもらえる場合があります。CDに申し込みIDが同梱されており、それを特定のサイトから申し込む形が多いです。

各プレイガイドの有料会員になる

各プレイガイドにはローソンチケット(LEncore会員)・ぴあ(ぴあプレミアム会員)等の有料会員サービスがあります。有料会員の特典としてはインターネット先行販売にエントリーができます。

ライブチケットの入手方法(チケット仲介サイト・チケットオークションサイト)

残念にも「一般発売」「先行予約販売(抽選・先着順)」両方でチケットを入手できかった人はまだ諦めるのは早いです。最近は、2次流通(チケット仲介サイト・チケットオークションサイト)での購入も可能です。

チケット仲介サイト・チケットオークションサイトとはチケット専門のオークションサイトで公式販売サイトとは異なり事情により、いけなくなった場合のチケット等が売り買いできるサイトになっています。チケットオークションサイトも複数ありますが、一番メジャーで知名度が高いのは以前は「チケキャン」こと「チケットキャンプ」でしたが、現在はサービス終了になってしまいました。現在は「チケットストリート」や「チケット流通センター」等のサービスが流通量も多いです。ただその一方で競争率も高く、良席チケットはやはり即完売される可能性も高いです。

最近では入手困難なイベントは一般販売に比べて高額取引が問題になっているので、どうしても行きたいからと言って無理をせず、必ずチケット相場を考慮して購入した方がいいでしょう。チケットの価格の相場観をつかむのとマメにチェックすべきチケットオークションサイトです。

また購入したけど、チケットが送られてこない等や詐欺等に関してはチケット仲介サイトの運営会社が保証サービスをしていることが多いので、その点は安心して利用できます。むしろファンクラブの掲示板でのチケット購入等の方がそうした被害にあう可能性が高いです。

チケット仲介サイト・チケットオークションサイトの購入確率を上げる方法

裏技とまではいかないですが、チケット仲介サイト・チケットオークションサイトでチケット購入確率を上げる方法はあります。実はあまり知られていないのですが、チケット仲介サービスは国内だけはありません。

海外にもチケット仲介サービスはあります。むしろは海外チケット仲介サービスのほうが世界のイベントを取り扱っているので規模が大きいです。世界のイベントだけではなく、日本のイベント(ライブ・スポーツ・コンサートなど)も取り扱っています。大相撲のチケットもあったりします。もちろんサイトも日本語ですし、保証体制は整っているのと、サポートも日本語なので日本のチケット仲介サービスを利用するのとそれほど変わりません。

海外チケット仲介サービスで日本で本格展開をしているのはViagogo(ビアゴーゴー)やStubHub(スタブハブ)の2つサービスになります。Viagogo(ビアゴーゴー)やStubHub(スタブハブ)ともに世界ではメジャーなチケット仲介サービスで、チケット取り扱い枚数も多いです。日本でのサービスを展開しており、もちろん日本のイベントのチケットも取り扱っています。

■Viagogoの詳細はこちら>>
■StubHubの詳細はこちら>>

特に海外アーティストの日本公演は狙い目です。インバウンドの外国人旅行客が日本旅行と日本公演をセットで楽しむ人が多く、何かの事情によりいけなくなったキャンセルチケットが海外のチケットオークションサイトに流通することが多々あります。
外国人は日本のチケットオークションサービスを知らないのでこうしたチケットは海外のチケットオークションサイトしか流れません。

■Viagogoの取扱チケット一覧はこちら>>
■StubHubの取扱チケット一覧はこちら>>

すべての記事カテゴリの最新記事