*

【攻略!】フンデスリーガのチケット購入方法・価格比較

今回はフンデスリーガの各クラブチームのチェット購入方法をまとめてみました。フンデスリーガのチケットは開幕戦等メジャーな試合はチケットが高額になり入手困難になります。またブンデスリーガでは年を追うごとにチケット入手が難しくなっており、現在のチケット入手難易度はプレミアリーグとほぼ同じと言ってもいいでしょう。

ブンデスリーガとは

サッカー・ブンデスリーガとは、1963年に創立されたドイツのプロサッカーリーグです。1部~3部まであり、1部と2部には18クラブ、3部には20のクラブが所属しています。観客動員数は世界一位を誇っています。また、ブンデスリーガというと、一般的には1部のみを察すことが多いです。今回はこのブンデスリーガに焦点をあてていきたいと思います。ブンデスリーガは他のどのリーグよりも厳しい規律を保っていることが特徴として挙げられます。例としては、親会社の企業名をチーム名に入れてはならないことや健全な経営を保つため、トップ選手の獲得にも高額な移籍金を払うことは許されないことなどがあります。このような健全なリーグ維持への姿勢は、世界中から模範的存在として位置づけられています。ブンデスリーガに所属する主な代表的なサッカークラブはバイエルン・ミュンヘン、シャルケ04、ボルシア・ドルトムント、FSVマインツ05などです。

ブンデスリーガの日程

例年8月に開幕し、翌年5月に閉幕。日程は例年6月下旬に暫定の全日程が発表され、その後TVの関係で順次3~4試合を動かし、数節ずつ確定日程が発表されます。開幕時期はユーロ、ワールドカップのある年は8月後半、それ以外の年は8月前半に開幕するケースが多いです。週末開催の節は原則土曜15:30試合開始、金曜20:30に1試合、土曜18:30に1試合、日曜15:30と17:30にそれぞれ1試合ずつというのが基本パターンです。平日開催の節は火・水曜の20:00試合開始。最後の2節は例年土曜日15:30の一斉開催です。

ブンデスリーガに所属するクラブの紹介・フンデスリーガの各クラブのチケット購入方法

ブンデスリーガには18のクラブが所属しています。代表的なブンデスリーガに所属するクラブについて紹介とチケット購入リンクをまとめてあります。観戦したいクラブの試合チケットの最安値の確認と購入ができます。サイトによってチケットの買いやすさが異なるので、自分に合ったチケット購入方法を探してみてください。

バイエルン・ミュンヘンのチケット購入

バイエルン・ミュンヘンは、1900年に創設されたドイツ史上最強のスポーツクラブです。ブンデスリーガの中でも、他のクラブと圧倒的な差をつけて最多優勝を有しており、ブンデスリーガに所属してからは一度も1部から外れたことのないクラブです。現在のバイエルン・ミュンヘンのライバルクラブは、ボルシア・ドルトムントで、両者の対決は「The Classic」と呼ばれ、注目が高い対決となっています。

■viagogoでバイエルン・ミュンヘンのチケット最安値を確認・購入>>
■ticketbisでバイエルン・ミュンヘンのチケット最安値を確認・購入>>

VfLヴォルフスブルクのチケット購入

1945年創設のクラブで、特徴としては、大手自動車メーカーのフォルクスワーゲンという強力なスポンサーがいることが挙げられます。過去には、2008年から2013年にかけて長谷部誠選手が活躍していました。長谷部誠選手は、ドイツ国内主要大会での初優勝を導き、チームに大きな貢献をしました。最近では、2014-2015シーズンにブンデスリーガで2位を獲得した他、ドイツカップではボルシア・ドルトムントを破って優勝を勝ち取るなど、好成績を残しています。

■公式サイトでVfLヴォルフスブルクのチケット購入>>(英語・ドイツ語のみ)
■viagogoでVfLヴォルフスブルクのチケット最安値を確認・購入>>
■ticketbisでVfLヴォルフスブルクのチケット最安値を確認・購入>>

ボルシア・メンヒェングラートバッハのチケット購入

ボルシア・メンヒェングラートバッハ(ボルシアMG)は、バイエルン・ミュンヘンと同じ1900年創設のクラブです。ホームスタジアムはシュタディオン・イム・ボルシア・パルクで、収容能力5万4千人程に対し、一時期4万人以上の平均観客動員数を誇るほど、地元からの人気が特に高いクラブでもあります。2部への降格は過去に2度ありますが、2008年以降、現在では1部を維持しています。

■公式サイトでボルシア・メンヒェングラートバッハのチケット購入>>(英語・ドイツ語のみ)
■viagogoでボルシア・メンヒェングラートバッハのチケット最安値を確認・購入>>
■ticketbisでボルシア・メンヒェングラートバッハのチケット最安値を確認・購入>>

バイエル・レバークーゼンのチケット購入

バイエル・レバークーゼンは、1904年に創設された製薬会社バイエルをスポンサーに持つクラブです。リーグタイトルは獲得したことがありませんが、2002年に、UEFAチャンピオンズリーグ、ブンデスリーガ、ドイツカップの成績が全て準決勝に留まる準三冠を達成しました。近年、ブンデスリーガでは5位から3位を行き来していますが、その壁を乗り越えて優勝を手にする日が待ち遠しいですね!

■公式サイトでバイエル・レバークーゼンのチケット購入>>(英語・ドイツ語のみ)
■viagogoで バイエル・レバークーゼンのチケット最安値を確認・購入>>
■ticketbisでバイエル・レバークーゼンのチケット最安値を確認・購入>>

FCアウクスブルクのチケット購入

FCアウクスブルクは、1907年創設のクラブです。2011-2012シーズンにクラブ史上初めて、1部リーグへの昇格を果たしました。 日本人として、2011年から2012年にかけて細貝萌選手が所属していました。細貝萌選手は2012年にブンデスリーガに所属するどの日本人選手の中でも最多の試合出場数を誇るなど、FCアウクスブルクに大きな貢献を果たしました。ブンデスリーガ1部への参戦は遅めでしたが、1部への昇格後は徐々に順位を上げているので、今後の活躍に期待が大きいクラブです。

■公式:FCアウクスブルクのチケット購入>>(英語・ドイツ語のみ)
■viagogoでFCアウクスブルクのチケット最安値を確認・購入>>
■ticketbisでFCアウクスブルクのチケット最安値を確認・購入>>

シャルケ04のチケット購入

シャルケ04は、バイエル・レバークーゼンと同じ1904年に創設されたクラブで、チーム名に入っている「04」はこの創設年に由来しています。また、1963年のブンデスリーガ発足メンバーでもあります。ブンデスリーガの前身であるドイツ・サッカー選手権では7度も優勝経験があり、ブンデスリーガでも上位を占めてきましたが、未だにブンデスリーガでの優勝経験はありません。2010年から内田篤人選手がシャルケ04に参加しています。ぜひ、ブンデスリーガの優勝を導いてほしいですね!

■公式:シャルケ04のチケット購入>>(英語・ドイツ語のみ)
■viagogoでシャルケ04のチケット最安値を確認・購入>>
■ticketbisでシャルケ04のチケット最安値を確認・購入>>

ボルシア・ドルトムントのチケット購入

ボルシア・ドルトムント(BVB)は、1909年に創設された会員制のスポーツクラブです。ドイツのスポーツクラブの中では3番目に大きなクラブであると共に、世界的にも大人気のクラブとなっています。長年のライバルはシャルケ04であり、両者の対決はルールダービーと称され、特に人気のある試合です。日本人としては、香川真司選手が2010年から2012年、及び2014年度からボルシア・ドルトムントに復帰を果たしました。2014-2015シーズンの前半ではチームと共に香川真司選手の不調も見られましたが、後半戦では調子を上げ、UEFAヨーロッパリーグ出場権獲得にも寄与しました。

■公式:ボルシア・ドルトムントのチケット購入>>(英語・ドイツ語のみ)
■viagogoでボルシア・ドルトムントのチケット最安値を確認・購入>>
■ticketbisでボルシア・ドルトムントのチケット最安値を確認・購入>>

TSG1899ホッフェンハイムのチケット購入

TSG1899ホッフェンハイムは、1899年創立と歴史のあるクラブです。TSG1899ホッフェンハイムはもともとアマチュアクラブでしたが、ドイツの最大手ソフトウェア会社のSPA創設者でもあったディートーマー・ホップがTSG1899ホッフェンハイムを支援するようになってから力をつけ始めました。特に選手育成に力を入れ、チーム力を改善した結果、それまで3部リーグに所属していましたが、2006-2007シーズンには2部への昇格、続いて2007-2008には1部への昇格を果たしました。ブンデスリーガの中でも徐々に順位を上げていくTSG1899ホッフェンハイムに乞うご期待です!

■公式:TSG1899ホッフェンハイムのチケット購入>>(英語・ドイツ語のみ)
■viagogoでTSG1899ホッフェンハイムのチケット最安値を確認・購入>>
■ticketbisでTSG1899ホッフェンハイムのチケット最安値を確認・購入>>

アイントラハト・フランクフルトのチケット購入

アイントラハト・フランクフルトは、TSG1899ホッフェンハイムと同じ1899年創設のクラブです。アイントラハト・フランクフルトも1963年のブンデスリーガ発足メンバーであり、UEFAカップやブンデスリーガでの優勝経験はあるものの、度々2部リーグへの降格と1部への昇格を繰り返しています。日本人では2014年から長谷部誠選手が所属し、クラブの中でもリーグ戦最多の試合出場数を記録するなど、しっかりチームを支えています。

■公式:アイントラハト・フランクフルトのチケット購入>>(英語・ドイツ語のみ)
■viagogoでアイントラハト・フランクフルトのチケット最安値を確認・購入>>
■ticketbisでアイントラハト・フランクフルトのチケット最安値を確認・購入>>

ヴェルダー・ブレーメンのチケット購入

ヴェルダー・ブレーメンは、アイントラハト・フランクフルトと同じ1899年創設かつブンデスリーガ発足メンバークラブです。ブンデスリーガ2年目の1964-1965シーズンではリーグ初優勝を飾るなど最初は順調でしたが、1967-68シーズンの2位獲得を最後に、順位を急速に下げ、1979-1980シーズンには2部リーグへの降格が決まりました。しかし、翌シーズンには2部での優勝を遂げて1部への昇格を決めました。1部への復帰を果たしてオットー・レーハーゲル監督が就任すると、若手選手の獲得を行い
1部の中でも上位を占めるようになりました。2010年からは不調が続き、2014年からまた新しい監督が就任しました。早く以前のようなヴェルダー・ブレーメンの活躍がみたいですね!

■公式:ヴェルダー・ブレーメンのチケット購入>>(英語・ドイツ語のみ)
■viagogoでヴェルダー・ブレーメンのチケット最安値を確認・購入>>
■ticketbisでヴェルダー・ブレーメンのチケット最安値を確認・購入>>

FSVマインツ05のチケット購入

1.FSVマインツ05は、1905年創設のクラブで、通称マインツとも呼ばれています。始めはブンデスリーガ2部に所属していましたが、ユルゲン・クロップ監督に交代し力をつけ始めると、創設100年目の2004-2005シーズンにようやく1部への昇格を決めることができました。日本人では、過去に岡崎慎司選手が2013年から2015年にかけて所属しており、2015年からは武藤嘉紀選手が活躍しています。

■公式:FSVマインツ05のチケット購入>>(英語・ドイツ語のみ)
■viagogoでFSVマインツ05のチケット最安値を確認・購入>>
■ticketbisでFSVマインツ05のチケット最安値を確認・購入>>

 - すべての投稿一覧, ジャンル別, スポーツ